SONIX
HOME > SONIX

SONIXとは・・・

従来のモーターを稼働させた衝撃振動ではなく、音波振動を発生させる、全身運動機器です。
超低周波の精密なSONICWAVEがプレートを通じ、非常に安定した垂直運動を提供します。たった10分乗るだけのトレーニングです。
アメリカ、ヨーロッパを中心に各種のスポーツクラブ、アスリート、フィットネスクラブなどでも幅広く活用されています。多くの年齢層に受け入れられ、無理なく有益な運動を提供します。

SONIX(ソニックス)利用シーン

  • フィットネスクラブやスポーツクラブ 

    フィットネスクラブやスポーツクラブ

    トレーニングのウォーミングアップとクールダウンに

  • オフィス

    オフィス

    長時間のデスクワークの休憩にSonixに乗りながら軽くストレッチをすることで気分もスッキリ

  • ホテル等の商業施設

    ホテル等の商業施設

    長時間の移動やお仕事、大切な思い出作りのためにお越しいただいているお客様にセルフケアサービスとして

  • SONIXのメリット

    ・個人の状態や目的に合わせて使用することができます。
    ・10分間という短時間のため、手軽に行うことができます。
    ・1m四方のスペースで設置できるので場所を取ることもありません。

SONIXだけの最先端の特許技術

従来のようにモーターを高速回転させ複合振動をつくり出す方法とは違い、スピーカーシステムを利用し、上下振動を発生させる最先端の科学です。
SONIXは、音の響きを全身に振動させるフィットネスマシンです。
身体に優しい振動で、衝撃や従来のモーター駆動のマシンにあるような騒音もありません。
メンテナンスも簡単で耐久性にも優れています。
  • 採用企業

    ・ティップネス
    ・メガロス
    ・ダンロップスポーツ
    ・東急のスポーツ施設
    ・日本IBM
    ・野村総研
     etc...(順不同)

エクササイズ例

~ストレッチ編~

  • 斜めのストレッチ

    斜めのストレッチ

    ターゲットエリア:体側部
    (18Hz~22Hz)

    ・プレートの中央で肩幅ぐらいに足を開いて立ち、両手を頭の上に持ち上げ、上半身を伸ばす。
    ・体の半分を横に伸ばして、骨盤の反対側に上半身を押し下げる。

    ※運動をするとき、お尻が後ろに行かないようにする。

  • 斜めのストレッチ

    プッシュストレッチ

    ターゲットエリア:胸部
    (8Hz~12Hz)

    ・プレートの端っこの部分に腰を立てて座り、一つの腕を体のうしろ側に伸ばす。
    ・うしろに腕を伸ばしている側の胸を正面に押して、最大限に胸と腕の筋肉を伸ばす。

    ※上半身が横側に傾いたり、腰が曲がらないように正面の状態を維持する。

  • 後背部のストレッチ

    後背部のストレッチ

    ターゲットエリア:背中&肩
    (13Hz~18Hz)

    ・プレートの上に足を肩幅ぐらいに広げて、両腕を自然に開いて肩の高さぐらいに上げる。
    ・ひじと手の水平を維持し腕を全部動かすような感じで、3 秒間あげてまた3 秒間下げる。

    ※肩の高さからもっと上げないように、また足に手が触れないように常に肩の緊張を抜かさないようにする。

  • 椎骨ストレッチ

    椎骨ストレッチ

    ターゲットエリア:腰
    (11Hz~15Hz)

    ・プレートの中央で足を折った後、両足の裏を向かい合わせて座り、両手で向かい合わせた足を掴む。
    ・顎を胸の方に引っ張り、上半身を丸くして頭を下の方に下げる。

    ※上半身を前の方に下げるとき、プレートからお尻が離れないように運動範囲を決める。

  • 体幹屈曲

    体幹屈曲

    ターゲットエリア:下半身&腰
    (15Hz~20Hz)

    ・プレートの中央で両足を合わせて立ち、上半身を下へと落とすような感じで下げる。
    ・腰から頭まで最大に弛緩できるようにあごを胸の方に引っ張り、背中を丸くする。

    ※ひざが曲がらないように足を伸ばした状態を維持し、かかとの方に体重をかけ反動はさせない。

~トレーニング編~

  • スクワット

    スクワット

    ターゲットエリア:太腿&腰
    (12Hz~16Hz)

    ・プレートの中央で肩幅ぐらいに足を開いて立ち、ガードを掴んだ後、腰はまっすぐにしてひざは曲げて座る。
    ・手はバランスだけ維持させた状態で、身体を上下に移動させる。

    ※つま先とひざは同じ位置にし、身体のバランスを維持する。

  • スクワット

    両手の押し合い

    ターゲットエリア:胸部
    (9Hz~13Hz)

    ・ひじを肩の高さまで上げてお祈りする姿のように、顔の前に両手を合わせる。
    ・体が曲がらないように合わせた手のひらをお互い中へと押して左右に移動する。

    ※合わせた両手が肩幅以上に動作の範囲を超えないようにする。

  • ショルダープレス

    ショルダープレス

    ターゲットエリア:上腕
    (10Hz~14Hz)

    ・プレートと向かい立ち、上半身を曲げてプレートの中央に手先が向かい合うようにしてうつ伏せになる。
    ・足と腰を伸ばした後かかとを少し上げて体重を上半身の方に移動させ、ひじを曲げた状態で下がる。

    ※かかとを上げたとき、肩と手の位置を一直線に合わせる。

  • つま先立ち

    つま先立ち

    ターゲットエリア:下半身
    (12Hz~18Hz)

    ・プレートの中央で肩幅ぐらいに足を開いて立ち、ガードを掴んだ後、腰はまっすぐにしてひざは曲げて座る。
    ・手はバランスだけ維持させた状態で、かかとをプレートから50°ぐらい持ち上げる。

    ※かかとをあまりにも高く持ち上げる姿勢はかえって足首の間接にむりがかかるので適度な高さを維持する。

  • 合掌エクササイズ

    合掌エクササイズ

    ターゲットエリア:腕部
    (6Hz~9Hz)

    ・プレートの中央で足を折って座り、腰をまっすぐに立て両手を胸の前で合わせる。
    ・合わせた手はお互いの手の反対側の方向に押し、手首て両手を胸の前で合わせる。

    ※ひじの高さ、手の高さを胸ぐらいに維持できるようにする。

  • Tバランス

    Tバランス

    ターゲットエリア:腰&太腿
    (13Hz~17Hz)

    ・プレートの中央でガードを掴み、体がT字になるように足を引き上げ上半身は前に下げる。
    ・支持している足の方はひざをまっすぐにして立ち、かかとの方へ体重をかけガードは引っ張らずにバランスだけを維持する。

    ※かかとを押すような感じで足を引き上げ、骨盤が曲がらないように引き上げた足を骨盤の下に下げる。

  • 腕の上げ下げ

    腕の上げ下げ

    ターゲットエリア:背中
    (13Hz~18Hz)

    ・ひじを伸ばして頭の上に両手をあげる。
    ・胸を開いて背中の中央に肩甲骨を合わせて緊張状態を維持しながら、ひじを軸で押し下げる。
    ・ひじが胸の下のラインまで来るように下げ、再び上げる。

    ※ひじを押し下げる時、維持している前腕が前のほうに傾かないようにプレートとの垂直状態をよく維持する。

製品紹介

  • SONIX-VM15

    モデル SONIX-VM15
    サイズ 700 × 820 ×1400(mm)
    重さ  45Kg
    タイプ スタンダード
    プログラム オート、マニュアルモード
    最大許容荷重 130Kg
    起動周波数 3-70Hz
    強さ 調整 0-99
    消費電力 210W

  • SONIX-LITE

    モデル SONIX-LITE
    サイズ 610 × 730 × 1490(mm)
    重さ    39.5kg
    タイプ スタンダード
    プログラム オート、マニュアルモード
    最大許容荷重 130Kg
    起動周波数 4-30Hz
    強さ調整  5段階
    消費電力 200W